納骨までの手順

お墓を管理できなくなったら

お墓を管理するのって難しいですよね。
確かに一つだけならまだわかります。
しかしながらこの少子化の時代。
末裔が途絶えてお墓を管理するものがいなくなってしまうのです。

例えば両親の家の墓が自分が管理することになったとしましょう。
残念ながら母方の家には跡取りがいなかったため管理せざるをえなくなったのです。

しかしながらお墓は遠い地にあった場合。
これはとても管理できるものではありません。
わざわざ遠方までいくのにはお金もかかるしそもそも時間もないので気が引けるものです。

ではそんな時には一体どうすれば良いのでしょうか?
そのまま放棄するのもご先祖様には悪いですよね。
そういった末裔が途絶えて、管理するものがいなくなったお墓を「無縁仏」と呼びます。
これは必ずといっていいほどどのお墓もいずれは無縁仏になります。
必然のことなのです。

そんな無縁仏となったお墓ですが、その場合はお寺に納めてもらいましょう。
無縁墓地といって無縁仏となったお墓が集まる土地があります。
墓石をそこで預かってもらってもちろん供養してもらうのです。
非常に悲しいことですが普段何にもできないよりはいいのではないでしょうか。

さてこの納めてもらうことですが具体的にはまず、自分の土地の宗派のお寺に相談します。
この自分の土地の宗派というのは故人のことを指します。
故人が一応属していた宗派のお寺に依頼します。

そして供養してもらって具体的な話をしてから墓石の方を納めてもらいます。
当然ながら違う宗派はダメです。
また供養してもらっていないのに勝手に無縁墓地のほうに墓石を持っていくのはもっとダメです。
これは先祖代々の方々にも失礼ですしあまりよくないことが起きるかもしれません。

そういったように無縁仏となったお墓は簡単にしてはいけませんしなおざりにして管理を放棄するのも絶対にダメです。
非常に面倒だとは感じませんか?
しかし自分が今存在するのはこれらの先祖代々の方々いたからなのです。
しっかり供養してあげましょう。

Menu