納骨までの手順

お墓の維持費とは

「お墓の維持費とは」
冠婚葬祭。
非常にこれは経費がかかります。
特にお葬式です。
人が亡くなった悲しみがいえるわけではありませんがその悲しみはお葬式の忙しさで紛らわせることができます。
しかしながらお金はごまかすことができません。
お葬式の費用というのは非常にかかるのです。

さらにその後もまだまだかかります。
お墓を建てるのはとてもお金がいります。
しかしながらお墓は建ててしまえば終わりというわけではありません。
知っていましたか?
お墓を建てた後は維持費がかかるのです。

お墓を建ててそのまま自分で管理することは不可能に近いです。
つまりそれを管理してもらうための管理費。
さらにお寺で管理してもらうなら「お布施」をも払わなければなりません。
こういったようにお墓には維持費があります。

しかしこの金額というのは地域やその宗派によってかわります。
もちろんお寺でも違ってきます。

中ではこんなケースもあります。
お寺にお布施を払ってきたが、年々値上がりしていく。
今までは数万円だったのに今となっては数十万も請求されたなどなど。
これはお寺の方針によりますがいわゆる悪質な商売としているケースもあるので要注意です。
その場合は最悪お墓を移したほうがいいでしょう。

しかしこんな維持費ですがセーブすることもできます。
それは田舎であるほど有利なのですが町営や市営の墓地にお墓を建てることです。
土地を最初に買ってそれで終わりです。
維持するものもありませんから基本的にお盆などにお墓を綺麗にしてあげる程度です。

ただただ気になるのは都会の方ですよね。
これは公営墓地は非常に人気のためかなりの確立で順番待ちが発生しています。
つまりこうしたためにも安いお墓を見つけられたなら先に建ててしまうことです。
お葬式にもお金がかかりこれから先もまた経費がかさばります。
それを少しでも節約するためには必要になったときにお墓を建てるのではなくて前もって安く済むように計算してお墓を作りましょう。

Menu