納骨までの手順

どんなときにお墓が必要になる?

「どんなときにお墓が必要になる?」
故人を敬うためのお墓。
お盆、正月等お墓参りをしますよね。
お墓はなくてはならないものです。
さてそんなお墓ですがとにかく必要になる時というのが多々あります。

では一体どんな場合にお墓は必要なのでしょうか。
例えば長男一家の方。
おそらくは家を継ぐことになるでしょう。
もちろん昔かたぎなものではなくてあくまで形式的なものですが。

当然ながら中には次男であろうと場合によっては家を継ぐことになろう方。
その一家の方は先祖代々の墓があるはずなのでもしもなくなった場合はそちらに入ることになります。

しかしながら問題なのは家を継がない家庭の方。
これは分家にあたり残念ながら先祖代々のお墓に入ることはありません。
それは昔からの風習でありおそらくはどの宗派でもこれが決められているのではないでしょうか。
もちろんのことどうしてもダメというのではありませんが宗教的にみてもそれは「よくない」のです。

昔からの決まりごとにはとにかくその理由があります。
例えばお墓は南向きだとか、お家の玄関は北東いわゆる鬼門を向いてはいけないとか。
それらは様々な「よくない」こととして避けます。
もちろんのこと気にしないのであればそれは個人の問題なのですがどうもそうなってはいけないのでお勧めできません。

つまりそんなところで家を継がなかった家々の方々はお墓が必要になります。
いざ亡くなって入るお墓が無かったとしたら非常に悲しいところです。
もちろん中にはお寺で収めてもらうこともできます。
しかしながらその管理は私たちにはわからず、合同の霊安所であればもう一緒にされてしまいます。
遺族としてもそれは非常に悩むでしょう。

お墓は作ろうと決めてからもかなりの時間がかかります。
本当に必要なとき何かの拍子で死んでしまったとき。
考えたくないですがもしも万が一そうなってしまったときに残された方々の負担を考えると余計に重石になりたくありません。
そんなためにもしも入るお墓がない方。
早めにお墓の購入並びに建設を考えてはどうでしょうか。

Menu