納骨までの手順

普段のお墓の管理は誰がする?

「普段のお墓の管理は誰がする?」
お墓は子孫たちがその人を思って感謝や尊敬を示すものです。
お盆にはお墓参りをして故人を思い出します。
そして親戚一同集まって故人が喜ぶように盛り上がるのです。
そういったようにお盆だけではなくてお墓とはなくてはならないものです。

さてこんなお墓ですが普段は誰が管理すればいいのでしょうか。
お墓の管理とはだいたいは花を供えてあげたり水を汲んだり、汚れたらお掃除してあげる程度です。
しかしながらこの「程度」すらも難しいところなのですが。

さて普段お墓を管理するのは一般的にはその直属の子孫。
つまり後を継ぐこととなった家庭の方がします。
それこそ自分が死んだ場合はそのお墓に入ることになるのですからお墓の管理は自分でするべきなのでしょう。

しかしながら現代において勤め人、「サラリーマン」には時間も厳しくなります。
また休日においては外に出ることすら嫌かもしれません。
これは仕方の無いことで寂しい気もしますがこれが現実です。

もしもその場合はお寺や墓地を管理することを専門とする人に頼むのがいいでしょう。
普段の掃除や周りの用意もしてくれるのでおすすめです。

しかしながら管理するはずのお墓を誰も管理できないような状況になってしまったらどうしましょう。
最近は「後を継ぐ」人がいなくなった時。
または後を継ぐはずであった人が遠くに住むことになって管理できなくなった時。
この後を継ぐ人がいなくなった時はいわゆる無縁仏ですが
お寺のほうで管理してもらいましょう。

墓石だけを非常に狭苦しいところに集めるところに保管されるのですが供養はしてもらえます。
仕方のないことですが。

次に後を継ぐ人が遠方へ住んでしまった場合ですがこのときもお寺に納めてもらうかまたは近くの親戚の方が一緒に管理する場合が多いです。
大切なお墓の管理ですが今の時代どうしても無理な場合が多いです。
そのときはしっかりと先祖代々に心から気持ちを伝えてお寺のほうで管理してもらいましょう。

Menu