納骨までの手順

安くお墓を作るには

お墓は昔から親しまれてきたものでした。
先祖さまを敬い、大切な人を思いやるための一つの形です。
そしてその人の生きた証であって自分だけでなく、代々の子孫たちにも「こういった人がいたのだ」と云うことを伝えることによってずっと長らく人々の心の中で「生きていく」のです。

そもそも日本の人々は昔から死を重んじてきました。
海外のことはよくわかりませんが、死自体を避けて忌み嫌う文化も多いです。
今となってはそれが本当に実行されているかは分かりませんが日本においては死とは神聖なものであって非常に尊いものでした。
そして故人を今までの感謝の印として敬うのと同時にその人が死してもいい思いができるようにお墓があるのです。

さてそんなお墓ですが、私たちは死ぬとおそらくは代々の墓に入るでしょう。
家々の先祖代々のお墓に入る場合が多いです。
しかしながらそれは家を継いだものだけであり、分家したものは新たにお墓を建てなければなりません。
実際に昔からの風習でこれは特別な意味をもつのでこのルールは繊細です。
また家々の宗派によってもそれが異なってくるのでやはりルールは従うべきです。

しかしながらお墓を作るとなるとそれなりにお金がかかります。
まずは土地代。
これはお墓を立てるための土地なのですが結構かかります。

次に管理代。
お墓を管理してもらうためにお金を払います。

最後に墓石そのもの。
この墓石は数十万~数千万円するものまであります。

というのもお墓は代々に残ることこそが大切なのです。
つまり生半可なもので立ててしまって数十年やそこらで老朽するわけにはいきません。
そこで状態のいい長持ちする大きな石を切り抜いて墓石を作るのです。

しかしながらこれは簡単なものではありません。
葬儀やそのほかの法事もあるのにお墓までとなると非常に厳しいものです。
そこでこの墓石を安くするのです。
お墓に大切なのはこの石なのですが、安くても丈夫な石はたくさんあるのです。

逆に高い石というのは見栄えのよく非常に独特なものなのです。
お墓とは代々に残しておくためのものお金に困っている方、安くても丈夫な石はごろごろあるのです。

Menu